menu

津軽産直組合の出荷基準(2019)shipping standards

津軽産直組合では、ご注文をいただいた皆さまにご満足いただけるよう、出荷するりんごの品質を一定以上に保つため、毎年、天候予報などに合わせて組合内の出荷基準を策定し、品質管理を行っています。

「WAKEARI」とは、フードロスという世界的な課題に対する解決策として、りんごの廃棄を無くするために津軽産直組合が行っている取り組みです。「WAKEARI」は、その年に策定された出荷基準の『B』に該当し、そのまま生果としての販売、もしくは無添加りんごジュースの原料として使用しています。

夏季限定 加工りんごジュースはこちら

出荷基準 (2019年)

画像をクリックすると大きい画像や説明が表示されます。画像が複数ある場合は矢印で移動できます

形状 春先の受粉期に低温などの影響で受粉障害となり種が形成されなかった部分が生育せず変形となる。食味には影響は無い。 A品 WAKEARI 格外
津軽産直組合の出荷基準(2019) 形状 A品 津軽産直組合の出荷基準(2019) 形状 A品 津軽産直組合の出荷基準(2019) 形状 A品 津軽産直組合の出荷基準(2019) 形状 WAKEARI 津軽産直組合の出荷基準(2019) 形状 WAKEARI 津軽産直組合の出荷基準(2019) 形状 WAKEARI
日焼け 生育段階で太陽光により果皮が変色するもの A品 WAKEARI 出荷無
津軽産直組合の出荷基準(2019) 日焼け A品 津軽産直組合の出荷基準(2019) 日焼け WAKEARI 津軽産直組合の出荷基準(2019) 日焼け 出荷無 津軽産直組合の出荷基準(2019) 日焼け 出荷無 津軽産直組合の出荷基準(2019) 日焼け 出荷無
病害(サビ) 果皮が茶色っぽくなる症状で、春先の霜などが要因。 A品 WAKEARI 格外
津軽産直組合の出荷基準(2019) 病害(サビ) A品 津軽産直組合の出荷基準(2019) 病害(サビ) A品 津軽産直組合の出荷基準(2019) 病害(サビ) A品 津軽産直組合の出荷基準(2019) 病害(サビ) WAKEARI 津軽産直組合の出荷基準(2019) 病害(サビ) WAKEARI 津軽産直組合の出荷基準(2019) 病害(サビ) WAKEARI 津軽産直組合の出荷基準(2019) 病害(サビ) WAKEARI 津軽産直組合の出荷基準(2019) 病害(サビ) WAKEARI
キズ、おされ 風ずれや枝ずれ等により表面に傷ができたもの。基本的に中身に影響は無い。 A品 WAKEARI ジュース用
津軽産直組合の出荷基準(2019) キズ、おされ A品 津軽産直組合の出荷基準(2019) キズ、おされ A品 津軽産直組合の出荷基準(2019) キズ、おされ A品 津軽産直組合の出荷基準(2019) キズ、おされ A品 津軽産直組合の出荷基準(2019) キズ、おされ A品 津軽産直組合の出荷基準(2019) キズ、おされ A品 津軽産直組合の出荷基準(2019) キズ、おされ A品 津軽産直組合の出荷基準(2019) キズ、おされ WAKEARI 津軽産直組合の出荷基準(2019) キズ、おされ WAKEARI 津軽産直組合の出荷基準(2019) キズ、おされ WAKEARI 津軽産直組合の出荷基準(2019) キズ、おされ WAKEARI 津軽産直組合の出荷基準(2019) キズ、おされ ジュース用 津軽産直組合の出荷基準(2019) キズ、おされ ジュース用 津軽産直組合の出荷基準(2019) キズ、おされ ジュース用 津軽産直組合の出荷基準(2019) キズ、おされ ジュース用 津軽産直組合の出荷基準(2019) キズ、おされ ジュース用 津軽産直組合の出荷基準(2019) キズ、おされ ジュース用 津軽産直組合の出荷基準(2019) キズ、おされ ジュース用 津軽産直組合の出荷基準(2019) キズ、おされ ジュース用 津軽産直組合の出荷基準(2019) キズ、おされ ジュース用
ツル割れ 成長期の天候の影響で果肉と果皮の生育のバランスが悪くなった事によります。 A品 WAKEARI 出荷無
津軽産直組合の出荷基準(2019) ツル割れ A品 津軽産直組合の出荷基準(2019) ツル割れ WAKEARI 津軽産直組合の出荷基準(2019) ツル割れ WAKEARI 津軽産直組合の出荷基準(2019) ツル割れ WAKEARI 津軽産直組合の出荷基準(2019) ツル割れ 出荷無
ツルぬけ A品 B品 格外
津軽産直組合の出荷基準(2019) ツルぬけ B品
蜜入り 蜜無し
津軽産直組合の出荷基準(2019) 蜜入り 津軽産直組合の出荷基準(2019) 蜜入り 津軽産直組合の出荷基準(2019) 蜜入り 津軽産直組合の出荷基準(2019) 蜜入り 津軽産直組合の出荷基準(2019) 蜜無し
着色 A品 B品 格外
津軽産直組合の出荷基準(2019) 着色 A品 津軽産直組合の出荷基準(2019) 着色 A品

出荷基準の流れ

毎年見直される津軽産直組合の出荷基準は、以下の流れで決定します。

  1. 勉強会・研修

    定期的に農薬や施肥、剪定などの勉強会や研修を開催しています。組合内での情報交換も積極的に行い、皆で協力し合って生産します。

    出荷基準の流れ 勉強会・研修 出荷基準の流れ 勉強会・研修 出荷基準の流れ 勉強会・研修
  2. 土壌分析

    一定以上の品質を保つため、全生産者の園地の土壌分析を行い、園地の状況を把握したうえで、組合内で統一した完熟たい肥や有機質肥料にて施肥設計を行います。

    出荷基準の流れ 土壌分析 出荷基準の流れ 土壌分析 出荷基準の流れ 土壌分析
  3. 目揃い会

    組合員だけでなく、お取引先様にもご参加いただき、その年の出荷基準を策定します。年に2回、早生種と晩生種の時期に開催します。

    出荷基準の流れ 目揃い会 出荷基準の流れ 目揃い会 出荷基準の流れ 目揃い会
  4. 糖度センサー

    出荷するりんごの品質を一定以上に保つため、糖度選別と蜜入りをセンサーで確認し、仕分けします。

    出荷基準の流れ 糖度センサー 出荷基準の流れ 糖度センサー 出荷基準の流れ 糖度センサー
  5. 出荷

取扱い商品

津軽産直組合 Facebook