津軽産直組合のりんごの種類

     つがる
 ゴールデンデリシャス×不明
果形は丸く、鮮紅色の縞が入ります。9月中旬から食べごろになります。中早生品種としては肉質は硬めです。果肉は黄白色で果汁も多く、甘いりんごです。

     千秋
   東光×ふじ
明るい鮮紅色の縞が全面に入ります。10月上旬から食べごろになります。肉質はやや硬くしまり、甘味と酸味の調和が特に優れた品種です。

   ジョナゴールド
ゴールデンデリシャス×紅玉
鮮紅色の縞が入ったアメリカ生まれの外観の美しいりんごです。果肉は白色でやや緻密。蜜は入らないが、甘味と酸味の調和がほどよく、肉質もシャキッとして います。生食のほか、りんご料理などにも最適です。10月中旬から食べごろです。

     北斗
   ふじx陸奥
黄緑色の地色に紅色の縞が前面に入ります。果肉は黄白色で、甘味と酸味の調和したりんんごですが、日持ちがやや劣り、収穫直後に食べるのがもっともおいし い品種です。10月中旬から食べごろです。

     王林
ゴールデンデリシャス×印度
果形はやや面長で、果点が全体に目立った黄緑色の果実です。果肉は黄白色でやや硬く緻密。酸味は少ないが、甘く果汁も多く、特有の芳香があります。11月 中旬から食べごろになります。

      むつ
ゴールデンデリシャス×印度
果皮は有袋栽培ではピンク色、無袋の場合は緑黄色です。果肉は黄白色で硬め、やや酸味があります。また、特有の芳香があり、日本生まれのりんごですが、欧 米でも好まれ生産が増えています。10月下旬から食べごろになります。

     ふじ
  国光×デリシャス
縞状または全面に鮮紅色に着色する美しいりんごです。肉質は黄白色でシャキッとした歯ごたえ、甘味がつよく芳香があります。果汁も多く日本を代表するりん ごといえます。晩生品種で貯蔵性が高く、6月まで肉質の低下が見られません。11月から食べごろになります。

     紅玉
アメリカ原産の偶発実生
全体に濃赤色に着色します。果肉は黄白色で、やや緻密。一般的に酸味が強いりんごですが、この風味に根強い人気があります。又、料理などの加工に最も適正 の高い品種です。

参考資料:財団法人 中央果実生産出荷安定基金協会